小6と小4の二男児と14歳のメス猫の母です。現在ファミレスDでパート中。横浜在住。


by kiara240
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

2005年 07月 30日 ( 2 )

泳げ!K太郎くん

10日目記念に本日二回目のブログ投稿です。
え~、ということで。
朝。
8時20分に車でスイミングスクールへ。
パパとくっちゃべっていたのと、化粧より朝食を選んだのとで、ぎりぎりになってしまいました。
後ろの座席から非難ごうごう。
「あと○分!、あと△分!」の声に負けず、無事到着。
二人がシャワー室に消えたと同時に、鏡の前でお化粧することに。
大きな鏡だし、ドライヤーもついているし、最高。
これで椅子があれば言う事なし。
ばっちり化粧して、別人になって、観覧席へ。
今年も夏季短期スクールは大盛況です。
蒸し風呂状態のプールサイドへようこそ。
まず、9級の幼児プールでバタ足の練習をしているT蔵をチェックして、軽く手をふってから、奥の深い場所のK太郎を見学。
K太郎は6級です。
我が家では、夏休みの初めに必ず短期スイミングに通います。
T蔵は大喜びですが、K太郎は去年頃から、本格的にいやがっています。
でも、こう!と決めたら曲げないのはお互い様。
容赦しないで申し込みます。
6級はクロール25m息継ぎあり、背泳ぎ25mと、けっこうハードな内容となっています。
前回、6級に上がったばかりなので、かなり苦戦している模様です。
時々、ちらっと母を見ては、ニヤっと笑ってみます。
息継ぎのフォーム、背泳ぎの手の動きと、練習しなくてはいけないポイントはたくさんあります。
しかも、がんがん泳がされ、毎日進級試験をします。
がんばれ~。

さて、T蔵はどうでしょう。
こちらはとても楽しそう。
ばた足の練習も「わっしょい!わっしょい!」の掛け声とともに、ばちゃばちゃと。
おちびばかりで、かわいいです。

「級があがらなかったら、一週間、おやつ抜きだよ」とおどかしてはいたけれど、本心では、級はどうでもいいんです。
ただ、一生懸命泳ぐことを覚えてくれれば。
一生懸命泳げれば、きっと学校の水泳の授業だって楽しいでしょう?
遊びで入るプールだって楽しいでしょう?
がんばれ~、がんばれ~

それにしても。
このスイミングスクールは、K太郎が一歳ぐらいのとき、ベビースイミングに通ったことがあるので、母は感慨深いものがあります。
夏季スイミングにはK太郎が幼稚園のときから始めたので、今年で4回目でしょうか。
いっそ、平常クラスにも通えばいいのに、と思いつつ、
本日も二人は級が上がらず、終了です。残念。
[PR]
by kiara240 | 2005-07-30 17:01 | 子育て

毎日が同じわけじゃない

夏休み10日目
暑い。
とにかく暑い。
それしか言葉が出ない。

昨日も子供連れのお客さんがたくさん来ました。
せっせとじゃんけんゲームをして、ジュースやポテトをプレゼントしました。
どのテーブルも楽しそうで、盛りあがりました。
プチ氷の無料プレゼント券もじゃかすか出ました。

そういえば、一人3、4歳の男の子がかたくなにしなかったっけ。
でも、その位の年齢の男の子って、そういう子多いよね。
っていうか、K太郎の年代になったって、男の子に限らず多いよね。
そういう子は、普通の子。
逆に、親しくない大人と平気でいきなりじゃんけんできる子の方が少ないよ。
自分の親以外と、道端でにこにこあいさつできる子もご用心。
子供同士で遊んでいるところに顔を出してみると、もっといろいろなことがわかる。
大人のごきげんとれる子も注意。
仲間の悪事をチくりに来る子も警戒。

そんな知恵や社交術のある子供は影の顔があるかもしれないからね。
どんなにかしこい良い子でも、子供って、ご挨拶がちょっと苦手。
だから親は多めに見てあげたほうがいいよね。
いい子ほど、もーじもーじもーじもーじする。
親しくなって、いろいろ話し掛けて、始めて心を開いてくれる。
そういえば、幼稚園でお世話になったMナミ先生もそんなことをおっしゃってくれたっけ。


お店に両親やおじいちゃん、おばあちゃんと食事にくる子供を見ていると、家庭内のいろいろなことを想像できる。

きびしい母に、お行儀のことで叱られ続けている子。
きちんと「はい、はい」とお返事していたっけ。
その母の腕にはブルガリのスネイクが光っている。
H能研のバッグを持っているところを見ると、中学受験するんだろうね。

いたずら盛りなのに、手を出すたびに父親に怒られている2歳くらいの男の子。
それらをぼんやりながめている、疲れきった顔の母親。
下の子はまだ赤ちゃん。

テーブル上がしっちゃかめっちゃかでもほうっておく母。
料理残したまま帰る親子。
当然、テーブルの下もすごいことになっておりました。

母親の趣味で服を着させられているんだろうなぁ、あのおしゃれさん。

家の中がどんな状態かも想像できる。

それでも、ファミレスでお食事できるのっていいよね。楽しいよね。

さて、週末。
今日はお休みなのに、なぜか朝から晩まで予定がぎっしり!
がんばってこなすぞ!
それにしても、かわいそうなのは我が家のお子達。
なんてハードなスケジュール。
ファミレスでお食事でもさせたいよ。
[PR]
by kiara240 | 2005-07-30 06:13 | 仕事