小6と小4の二男児と14歳のメス猫の母です。現在ファミレスDでパート中。横浜在住。


by kiara240
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

2005年 07月 26日 ( 2 )

渓谷で警告。寝転ぶ

久しぶりの本当のお休み
夏休み6日目。
台風のため、ほどほどに強い雨と風。
でも、母のパートの休日は、一日たりとて無駄にはできません
午前中はN谷の子供ログハウスで遊びました
K太郎はTシャツがびっしょりになるくらい走りまわっています
T蔵も、ものすごいすばやさで地下迷路をかけぬけてゆきます
なんだかかわいくて、思わず笑ってしまいました
ログハウスのかくれ鬼は、われわれのお気に入りの遊びの一つです
赤ちゃんの頃とくらべると、動きも速くなり、年々年老いる母と対照的に、子供たちは体力も気力も知恵も上回ってゆきます
「ママはちょろ~い」なんて言ったりします
かわいくありません

よい汗をかいたあとは、小雨の中、裏のJヶ下渓谷を散歩することにしました
ヒールのミュールで歩くわけにはいかないので、車の中にあったビーサンにはきかえました
これが、すっごくすべる!
予想通り、母はずる、べた、ずで~んと転んでしまいました
・・・昨日に引き続き、今日も・・・しかもまた左側をしりもちついてしまい、ひどく痛みます
しかも、ジーパンもバッグもどろどろ。
まだミュールの方がましだったかも
子供たちは大笑い。
めげずに先へ進みました。

ああ、ここで行き止まり、という場所で、K太郎が「カニだ!カニがいる!!」
水辺からかなり離れたところなのに、一匹のカニ君がかさかさ、かさかさ歩いていました
いやな予感通り、捕まえたT蔵は持って帰るといいます
・・・また居候が増えるのか・・・しかもまた母が世話するのねぇ~~・・・

獲物もゲットしたし、ログハウスの裏の水道で手足を洗い、家へ帰ることにしました
車の中でカニがにげたらいやだなあと心配しつつ、
「何を食べるの?」と今更な質問。
「図鑑で調べるよ」と、お二人さん。

現在、カニ君はプラスチックケースの中で、えさ(増えるわかめ、お刺身の切れ端)と一緒に、瀬戸物のお猪口を隠れ家にしておとなしく眠っています
やれやれ、また扶養家族の心配しなくちゃいけないのね
来週にでもK-ナンのペットコーナーのお兄さんに飼い方聞かなければ
[PR]
by kiara240 | 2005-07-26 22:07

台風接近

夏休み5日目の昨日
お弁当持たせて、Hまっこへ
母はDニーズへ
朝から、店長に出勤のことで駄々をこねてみます
軽く拒否されたと思ったのに、後でシフト表を見たら、しっかり私の希望どおりになっていました
がんばって働きます!

フロントはTまちゃん、Eリちゃん、S野さんの4人・・・え~!!
しょっぱな、3ステ一人攻撃に大ダメージの私
S野さん「だめだ!代われ!」とTまちゃんと選手交代しました
前側&中&料理と言われ、どたどた走りまわりますが、全員テンパリます
「Iのうえさーん」「Iのうえさーん」攻撃に、思わず(私は一人しかいないのよ~)と心の中で叫んでみますが、叫んでもしかたないので、ハイハイと走りまわります
そうこうしていたら、救いの神のE藤さんが出勤してくれました
たすかった~
後半、濡れていた床にずで~んと転んで、手に持っていたガムシロップをぶちまけてもみました
料理じゃなくてよかったね・・・

そんなこんなで、へとへとの一日でしたが、Yもぎださんのお気に入りのおじいちゃん常連客、Sぶちゃんが山ほどおだんごを差し入れてくれたおかげで、Eリちゃんと健闘をたたえあいながらお茶できました
あ、お茶っていうか、従業員控え室で水ね

お買い物してバスに乗っていると、離れたつり革にEリちゃんらしき姿が
なんと、隣の停留所だそうです
Eリちゃんのような美少女が住んでいるなんて、H土ヶ谷区ってレベル高いわ
でも、男性社員には家が近いの教えてあげるのやめよ~っと

帰ったら、子供たちにシューアイスのおやつをあげて一日の報告をさせます
とりあえず、無事に一日を過ごしたようです
その間、夕食の米だけセットし、T蔵を連れて谷○先生の自宅へ車で向いました
とうとうGENちゃんの4分の1ヴァイオリンを返却することになりました
古いスズキのヴァイオリンですが、これで発表会にも出たんですから、さびしいようです
これからは、自分のヴァイオリンで、思う存分練習したまえ
谷○先生に楽器とお茶菓子とメンテナンス代を託し、先生にもお礼をして帰りました

夕食は豆腐ハンバーグの予定
ふと見ると、さっき買ってきたにんじんが腐っているではありませんか!
がが~ん!
どうしよう・・・でも、使うしなあ・・・これから交換にH戸塚に出るのもめんどうだし・・・
にんじんは、しゃれにならないほどとろとろに腐っています
まあ、いいとこだけ使うにしても、黙ってるほどひとがいいわけじゃないので、スーパーに電話しました
するとどうでしょう
すぐににんじんを持ってきてくれると言うではありませんか
逆に申し訳ない気持ちになりつつ、にんじん抜きの工程を進めておきました
15分後・・・タクシーに乗ってお店の人が新しいにんじんと料金と桃を持って謝りにきました
一応、料金と桃を断りましたが、料金の返却は規則とのこと
じゃ、桃はもらえませんと断りましたが「今、食べごろでおいしいですから」とにっこりされたら、断れません
頭の中に子供たちの喜ぶ顔がよぎったのもあり、喜んでいただくことになりました
なんだか、自分がお店を妨害するヨタ公になった気分ですが、くれるっていうんだから、ま、いっか♪

台風接近中
27日の水泳教室までに晴れるといいんだけど
[PR]
by kiara240 | 2005-07-26 06:43