小6と小4の二男児と14歳のメス猫の母です。現在ファミレスDでパート中。横浜在住。


by kiara240
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

バッハ(?)

偶然にも、K太郎とT蔵の発表会が3月になりそうです。
場所も同じ、H土ヶ谷公園内のアートホール。
しかも、T蔵のヴァイオリンのT口先生たら、「お兄ちゃん(K太郎)に伴奏をお願いしましょうか」なんておっしゃったものだから、ちょーたーいへーん。
ピアノのD口先生にお願いして、通常のレッスン内に特訓をしてもらうことになりました。
問題は曲目。
発表会はレッスン生にとって晴れの舞台ですから、ちょっとハードルの高く、しかも好きな曲、先生から見て、その子に似合う曲を選びます。
条件ぴったりな曲を選んだら、数ヶ月間ひたすら練習するのですが、すぐに仕上がる子、ぎりぎりで弾けるようになる子、弾きこなせないまま舞台にあがっちゃう子、などさまざまです。

先生達の苦労も、日々の練習を怠っていれば、台無しになるわけです。
今まで、K太郎は4回、T蔵は1回発表会に出ました。
なんとか、とりたてて大失敗もなくこなしてはきました。
本人の汗と涙と努力や関係者一同の協力のたまもの、ということです。
一応、今回はK太郎が「ラッパ手のセレナーデ」、T蔵は「メヌエット第3番」にほぼ決まりつつありますが、はたしてデュエットは成功するのでしょうか???
・・・私は不安です。
「無理なんじゃねぇか?」そんな言葉をかみ殺しつつ。
でも、メヌエットなら、直前でも他の先生に頼めるので、とにかく、やれるところまでやるか。

現在の状況は・・・
メヌエット3番を、K太郎自身の発表会の曲にしちまえば2曲練習することはないんだけれど、他の子が弾くことに決まってしまっていて、しかもその子が気にいっているから、ゆずる気はないらしい。同じ曲で発表会に出るのはおかしい。
メヌエット2番ならOKなんだけれど、ちょっと難しく、K太郎としてもあまりピンとこないらしい。
とりあえず、「ラッパ手のセレナーデ」と「メヌエット第3番」と2本立てで、日々の練習量を増やして様子を見ること。
T蔵としては、本当は現在練習しているメヌエット第1番が好きで、これで出たいんだけれど、そうすると、ハードルがちょっと高い曲で発表会に出る、という条件からはずれてしまう。
それに、第1番て、バッハが作曲したかどうかはっきりわかっていなくて、作曲者の欄に「バッハ?」って、?の文字がついてしまう。
これは発表会のプログラムとしても、かっちょ悪い。
当日の紹介アナウンスを考えても笑える。
「プログラム№、1番。I上T蔵君。曲はバッハ・・・・かなぁ?のメヌエット第1番です」
もしくは、「メヌエット1番。なんちゃってバッハ作曲」
なんて言うのかなぁ。

とりあえず、12月中にK太郎だけでもメドがつけば、安心して年が越せそう。
T蔵はどこまで進めるかが勝負ってところ。

石油ファンヒーターの点検清掃をしてもらったおかげで、暖かく過ごせそうです。
費用は痛かったけれど、
「このヒーター、すごく使いやすい。大好き。長く使いたい」と訴えたおかげか、メンテナンスのおじさんに消費税分以上の料金を値引きしてもらいました。
嬉しいな。
でも、本当に好きなんです。
ルーバー(噴出し口)の部分が熱くならないようなカバーがしてあるところが一番お気に入り。

それにしても、最近仕事が休みが多くて、来月のお給料が心配。
年間通して一番現金が必要な時期なのにな。
パパのボーナスは当然望めないだろうし、1月末にはまた恐怖の住民税の支払いもあるし、きびしい12月になりそう。
とにかく、がんばって調整して出勤増やしてもらわなくてはね。
[PR]
by kiara240 | 2005-11-24 17:04 | 子育て